2004年11月アーカイブ

1101807652.jpg11月22日1年間こだわり地産地消でお世話になった方々が集まって大いに、うんちくを語ろうと言う事で(うんちく会)を開催、数人の方が仕事の都合で出席出来ませんでしたが、何と18名の方が集まり大いに盛り上がり大変楽しいうんちく会でした皆さんから年、何回か開催して欲しいと要望があり、次回は新年会を開催したいと考えています。生産者の情報交換の場として美味しい食材作りのお手伝いが出来ればこんな嬉しい事はないです。せっかく集まってくれた生産者の写真を、何と撮っていませんでした。誠に残念、そこで今回は当ホテルの和食のレストラン(きくすい)で鍋祭りをしているので、その牛しゃぶ鍋の写真を一枚代わりに載せました。牛しゃぶ鍋は自分にとってとても良い思い出があるのです。20年前プラザイン水沢に入社して最初の爆発的なヒットが牛しゃぶ鍋でした。まだその頃は地元の前沢牛も認知度がイマイチでしたし、牛しゃぶ鍋はあるにはあったがとても高価であまり庶民の口にはなかなか食べてもらえるような代物ではなかった。最初は一人前原価ぎりぎりの単価からスタートし、じょじょに単価をアップして行きましたが。お客様に美味しい牛しゃぶ鍋を知ってもらいたかった。本当に沢山のお客様が来てくれまた。毎日が満員の連続でした。あ〜思い出すな〜。何と水沢の飲食店がいたる所で牛しゃぶ鍋を売り出し、大変でした。今は地元のとても美味しいこだわり野菜を入れて何と一人前4.000円安い!是非皆さん食べに来てくんろ。

蕪(江刺愛宕)

| | コメント(0)
1099967008.jpg10月の後半江刺の愛宕で美味い蕪を栽培している高橋伝さんに会いに行って来た。自宅の前には綺麗に洗った蕪が並んでいた。オー見事な蕪です事。大きくて艶が良く美味しいそうだ、高橋さんにいつもの癖で蕪を作るのにどんな苦労をしていますかと聞いた、虫、虫だな虫?コナガって虫がつかないようにいつも注意をしているよ、それこそ毎日畑に行って様子を見ながら蕪とお話をしているのさ。先ず美味しそうな蕪を少し食べさせて頂いた。旨い、何と表現すればいいんだろう、うん柿を食べている感じだな。適当な硬さと甘味があり筋がまったく無くこれは旨い。すみません畑見せて〜。早速栽培している畑に行って見た、北上川の河川敷だ、砂地で水はけが良く畑には最適との事、有機農法だ、まぁ〜あとは長年の経験かな、蕪とお話をしながら作っているから子供みたいなもんです。愛情たっぷり注ぎ込まれた嫁入り前の蕪ちゃん。いつも難しい専門的なお話をしている生産者とばかりだったのでホットする高橋さんでした。

このアーカイブについて

このページには、2004年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年10月です。

次のアーカイブは2004年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01