2005年1月アーカイブ

1106383193.jpg1月の中大船渡、綾里の山口鐵五郎さんから鮮度の良い生若布が届いた。海から上げたばかりの若布、しゃぶしゃぶにして食べたら美味しいよと山口さんが言っていたので早速、若布と鱈のシャブシャブを作ってお客様に提供したがこれが意外と男性のお客様に食べてもらえない。何故 美味いのにな〜健康にも良いしまた食べても美味しいのに不思議だ。食べてもらえるよう、何かの工夫が必要だな〜昨日水沢の認定農業者の集まりがあったのでここでこの生若布のしゃぶしゃぶを出してみた、はぁ〜なるほど宴会で飲んでいると鍋に入れ取って食べるのが面倒なんだ、なるほどこれを解決するにはどうするか、ホテルスタッフ取ってお客様に出す。なら食べてくれるかな?先ず、この欄で生若布の宣伝をしてから又考えよう生若布は、骨を作るカルシウムやカリウム、ビタミン・水溶性食物繊維のアルギン酸栄養素をたっぷり含んでいるのにほとんどノンカロリーです。生活習慣病・むくみ・高血圧などに大変効果がありますと書いてあった。お〜すごい

手作り 菓子パン

| | コメント(0)
1105840522.jpg今回は当ホテルのベーカリー担当している大内佐江子が制作した菓子パンを紹介する事にしました。写真の菓子パンは、フルーツデニッシュ、クリームクロワッサン、クロワッサン、オ、ザマンドの三種類です。27層のクロワッサン生地で作りました。クロワッサンは、バターを折り込んで出来るサクサク感と、イーストの発酵によって出来るフワッとソフトな中身を併せ持ったパンです。フルーツデニッシュ、クリームクロワッサンにはカスタードと生クリームを混ぜ合わせたディプロマットクリームを絞りました。塩味のきいた生地とうまく調和しています。クロワッサン、オ、ザマンドはアーモンドクリームを中に挟み更に上からも絞り焼き上げました。アーモンドクリームの甘味が、パンの味を引き立てています。焼き立てのクロワッサンを食すと、パラリホロリと薄片が散り落ち、サックリふんわりの食感。その幸せな事と言ったら“食べてくれる人の笑顔を思い浮かべながら今日も私はパンを焼きます。
ベーカリー担当 大内佐江子
是非当ホテルのイタリアンレストラン、カトルセゾンにおこし下さいお持ちしております。

このアーカイブについて

このページには、2005年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年12月です。

次のアーカイブは2005年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01