2005年4月アーカイブ

1116459597.jpg4月19日安代町の豆腐と湯葉を生産している「ふっせつ花」社長の石田秀悦さんに会いに行って来た。去年の夏にお会いして色んなお話を聞いていたがもっと詳しくお話を聞きたくなり再度お邪魔した。安代町はまだ少し雪が残っていて川は雪解けの水で勢いがありようやく春が来たと言う感じかな。冬には3メートルもの積雪があるそうです。「ふうせつ花」の豆腐は、とにかく美味い。ざる豆腐のお話から湯葉にいたるまで色んなお話を伺い岩手は広いね、ここまでこだわり豆腐一筋に努力する姿を拝見し感動しました。これこそ丹精込めた究極の豆腐と思った。赤豆、黒豆、茶豆と大豆の最高品質を求め日本各地から購入していた。赤豆は日本では生産している農家がいない為、福井県の生産者と契約栽培をお願いしていると言う。ふうせつ花さんと、もう一件、京都の人とが購入しているそうだ。黒豆は北海道の釧路から茶豆は山形の鶴岡から購入している。それも最高の大豆を値段ではない、とにかく旨いのが条件だから農家に絶対値段の交渉はしないとも言っていた。豆腐は大豆と水が命、水はボーリングして65メートルの地下水を使用していた。「旨い大豆はどうやって分かるの?」聞いたら外見では分からないそうです。一晩水にさらし火を入れ食べた時分かるそうだ。う〜ん、なる程、思い当たる節がある石田さんが「俺の最高傑作を食べて」と言われ「うわずみ豆腐」食べてみた、ねっとりして大豆の旨みが凝縮していてこれは旨い。醤油も掛けずいっきに食べてしまった。もう少しゆっくり食べたいのでサンプルと称して頂いて来た。ラッキーこれで今晩の晩酌の肴はゲット・・・・・・・役得、皆さんはホテルに来て食べて。
1113819497.jpg4月中頃、花巻にとてもこだわりの生産者がいると聞いて早速、花巻に行って来た。花巻空港の近くで色んな野菜を生産している照井輝孝さん、すぐ近くに北上川、広大な土地に透き通った空気、朝から晩までサンサンと注がれる太陽。照井さんは稲作を25ヘクタール畑は1ヘクタールを耕作していると言う。色んなお話をさせて頂いた。肥料のお話、連作障害等のお話とか、今まで聞いた事の無い言葉がバンバン出て聞いていてとても面白かた、人間的にもとても謙虚でこの人だったら俺も野菜になりたいと思うくらいだ。今は定植の時期でハウス内は3月に定植したトマトがあった。5月頃には大丈夫食べられますとの事。照井さんのトマトは自根(じこん)のみで栽培していた、今まで会った生産者は苗木を接ぎ木して栽培をしていたが。接ぎ木をすると苗木が丈夫になるし病気に強いとも言っていた、それでも自根のトマトにこだわっている。旨いトマトが作る為に、ぼかし肥料とユビキノンと言う酵素を定植前に畑にすき込む事によって土壌か活性化し微生物が活発になるし、絶対連作障害にならない、もちろん、毎年土壌診断をし、足りない栄養分を補給し特に亜鉛不足は健康な土壌作るには絶対に必要とも言っていたな〜、あくまでも安心、安全にこだわった野菜を作って行きたいとも言っていた、嬉しいね〜絶対5月にはこのトマトを食べに来ます。

このアーカイブについて

このページには、2005年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年3月です。

次のアーカイブは2005年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01