2005年10月アーカイブ

1130664703.jpg先週の休みに庭に行って見たら、無花果が50〜60個位連なっていた。先が少し茶色気味で柔らかい、食べようと思い中を割ると赤ワインの様な色、食べ頃かな?先ず食べてみた、う〜ん、俺的にはイマイチ、夕方家族で食べてみた、娘も女房も美味い美味いと言っていた。やはり自分が作ったものには特に愛情があるらしく余計に美味いと感じるらしい。隣のキューイフルーツ棚に覗くとこれまた大き目のキューイフルーツが葉の下に連なっている。霜が降りる頃が食べ頃と聞いていたのでもう少しの辛抱です。
1128764201.jpg10月7日花巻市幸田に岩手で葡萄(大粒種)の先駆者、菅原榮一さんに会いに行って来た。時期的には少し遅すぎた感じがあったが、まだ少しは残っているとの事なのでお話だけでも聞いて見ようと思い忙しい中菅原さんに色々お話を伺って来た。自宅にお邪魔したのは3時頃なので簡単な挨拶をして葡萄のハウスを見せて頂いた。収穫の終えたハウスを通り過ぎ奥のハウスに大粒の赤い葡萄が連なっていた。ワオ、品種は安芸クイーンで今が丁度収穫時期だと言っていた。菅原さんにその場で食べさせて頂いた。う〜ん、これは美味い、糖度が20度位と言っていたが、俺の舌はもっと糖度があるように感じた。こんな美味しい葡萄をどのようにして作っているのだろうと色んなお話を伺った、先ず何故葡萄なのかと聞いたら子供の頃に村の祭り等にしか葡萄を食べられなかった時代、祖父が庭で栽培していた葡萄を食べるのがとても楽しみだった。その頃から葡萄に興味を持ち始め何と若い頃はワインを本気になって造ろうとフランスまで行き各農家を回り色んなワインを飲んで来たそうだ。帰国してから間もなく安いワインがどんどん出て、これはでは採算が合わない思い断念した事等、親父が精魂込めた田を葡萄畑にしたときは随分怒られたと笑いながら話をしてくれた。粘土質の田を畑にする際は何年もかけ土壌改良をした、リン酸、石灰を大量に入れ天地返しをした事、毎年秋には有機肥料にと鶏糞と牛糞をいれた事、通気性の良い畑にする為それこそ大量の玉子の殻を入れたとも言っていた。甘くて美味しい葡萄を作るにはやはり葉が大事一粒の葡萄に一枚の葉が必要とも言っていた。病気の話からPTB紅菌(栄養細菌複合液)のお話等とても興味深いお話を聞いて来たがとてもこのページだけでは残念だが書ききれない程とても実りのある取材だった。 
1128304263.jpg9月24日江刺市愛宕でリンゴ生産者「紅果園」の園主、高野卓郎さんに会いに行って来た。高野さんのお話は色んな所で耳にしていたし是非一度お会いしリンゴのお話を聞いて見たかった。自宅に伺って色んなお話を聞いて来た。平成12年にふじ誕生60週念記念全国コンクールで日本一(農林水産大臣賞)に輝き、ふじと同じ年齢で自分が苦しい時、このふじに随分助けられたとも言っていた。愛情を掛け土壌改良しながら木を小さく育てる、わい化栽培を導入し、味が向上し作業効率もよくなった事等、ジョナゴールドの枝変り(突然変異)モーレンズと言う品種をベルギーと許諾契約をし日本で唯一苗木販売の取引が出来るとも言っていた。リンゴ一筋に愛情を掛け47年65才で元気バリバリの高野さんにリンゴ畑を見せて頂いた、木にリンゴが一杯連なり見応えがあった。真赤な新品種モーレンズを一個その場で食べてみた、収穫時期が10日位早いせいか少し渋いが香りと風味があり高貴の味がした。

このアーカイブについて

このページには、2005年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年9月です。

次のアーカイブは2005年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01