2006年8月アーカイブ

1156656723.jpgもうすぐ芋の子汁の季節、まだ早いと思いつつ最高の芋の子を求め北上の二子町川端で二子芋を栽培している、八重樫順さんの畑に行って来た。川端に着いて驚いた!そこは、長芋、牛蒡、里芋、トマト、露地物胡瓜、漬け茄子と殆んどが、野菜畑だ、土壌は黒土で歩くと灰汁の上の歩いているようにフワフワだ。畑としては最高の土壌、すぐ近くに北上川が流れ、北上でも畑にするには最高の土壌らしい。今年は雨不足で心配したが何とか立ち直りホットしていると言っていた。八重樫さんは子供の頃、お母さんが亡くなられて15歳頃から一家の働き手として農業に従事して来た「ツワモノ」。そんな農業を知り尽くした、八重樫さんの里芋を食べたくなり。収穫出来次第、送って頂くようにお願いをして来た。北上に行ってよく北上の美味しい野菜を作っている人を紹介して欲しいとお願いしていたが意外や意外、北上住民ですらあまり川端は野菜が旨い産地とは知られていないと感じた、この土壌と素晴らしい生産者にお会いし今日はHAPPY。
1155969784.jpg「和食処きくすい・北上店」のオープンが9月12日に決まり、毎日が慌しく過ぎて行く、昨日は店の置物を見に遠野宮守で地元の土、焼き方にとことんこだわっている陶芸家、菊池和好さんのお宅に行って来た。そこは古い民家で玄関を入ると広い土間があり別世界に来た感じだ。倒れそうな古い民家を買い取り、古材を使い前の住居をそのまま再現していた。皆さんここに来ると、殆どの方がのんびりして良いね。こんな場所で住んでみたいと言うらしく菊池さんいわく冬の寒さがご馳走だと笑っていた。こだわりの陶器を菊池さんに丁寧に教えて頂きながら気に入った器を何点か購入して来た。
1155633436.jpgきくすいMGR相沢和広44才、きくすい店長兼きくすい料理長、プラザイン水沢の料理の評価はこのホテル内の和食処「きくすい」から始まったと言ってもいいかもしれない。相沢料理長は小まめで繊細、努力型かな、自宅の庭に料理に使う木、花、ハーブ等を植えて使用している程で。料理には妥協しない執念を持っている。得意な料理は前菜・八寸等、手間の掛かる料理が彼の持ち味だ。
1155205431.jpg調理グループMGR上野祐市45才、宴会・イタリアンレストラン
調理場の料理長、写真の通り、初対面の人とは怖いイメージがあるらしく、でも人柄は優しく義理人情に厚く力持ちって感じかな、顔に、似つかず繊細な料理を作る、レシピーを頼らず自分の舌と感性を大事にする料理人。自慢の料理は煮物、素材を生かすテクニックは素晴らしい、それと色彩と盛り付けは他を寄せ付けない感性がある。
1154426179.jpg美味しいトマトを求め今日は盛岡本宮でトマト生産者「武蔵農園」の社長、武蔵康さんのトマトハウスに行って来た。盛岡は小雨、トマトのハウス前で武蔵社長さんが笑顔で迎えてくれた。トマト大好人間がこうしてトマトのハウスを見学し直接お話を聞く時ってワクワクしてしまう。武蔵さんは美味しいトマトを生産する為に5つのこだわりを持って栽培をしていると言う。土作り、こだわりの水、減農薬栽培栽、環境改善、トマトにストレスを与えない等、低硝酸熊窒素栽培と聞きなれないお話を伺って、牛、豚、鶏等の堆肥は使わず全てぼかし肥料、安心安全を第一に考えながらトマトと向き合うと何を今欲しがっているか分かる。その都度トマトに聞きながら接し、優しく育てていると言う。それがトマトにストレスを与えない環境と言っていた。そんなこだわりのトマトを食べた、俺の舌が喜んでいる、一度に何個も食べたくなると。

このアーカイブについて

このページには、2006年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年7月です。

次のアーカイブは2006年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01