2009年4月アーカイブ

1240300851.jpgプラザグループのキッチンセンターは経験豊富で確かな料理人と若い女性スタッフで構成されている。 
こだわりの食材をこのキッチンセンターで一括購入し、一部加工し各ホテルとレストランに発送する仕組みだ。 
今このキッチンセンターで作られている料理は和食から洋食、デザートと200種類にも及び現在我がグループの料理は自社製の比率92~5%位の割合だ。 
勿論婚礼料理、法事料理そして一般宴会までほぼ手作りにしている。先日待ちに待った達人釜(高温高圧釜)が我がキッチンセンターに導入され、この達人釜は当社オリジナルのレトルト食品の開発とこだわり食材を何とかレトルトにしてお客様に食べて頂きたい思いがある。 
フードコーディネーター藤本先生にキチンセンターに来て頂き色々と教えて頂いたので、今年の7月か8月頃には「前沢牛入りカレー、ビーフシチュー」等デザートも含め様々なレトルト食品の販売も視野に入れ考えていますので楽しみにして下さい。
1240038277.jpg宮古湾の花見かきは前回行けなかったので先ず自分の目で確かめたい事と今年の花見かきをどれ位確保出来るか先ず現地に行って話し合いたいとの思いで宮古湾まで行って来た。 
水沢から宮古まで3時間、宮古湾に着いたのは1時半頃現場には岩手県指導漁業士の山根幸伸さん他数名待っていてくれた。簡単な挨拶を済ませ、早速現場で宮古特産の花見かきを拝見、想像していたより小さいかな?だが中身を見てその大きさとプリプリ感に驚きの声が出た。身がプリプリしてこんな大きい牡蠣は料理人になって初めてかも、山根さんが食べてみますか「是非お願いします」加熱した牡蠣を食べて見てこれは今まで食べた事の無い牡蠣の味、何と表現したらいいのだろうか。サッパリした味ではなくホワグラみたいな濃厚な味だ。宮古湾は早池峰山から流れる清水と海水が交じり合い栄養が豊富な湾の為だろう。我々は森つくりと環境を守る為地域一丸となり頑張っていると言っていた。 
そんな貴重な数少ない花見かきを購入出来る事になった。 
これから1ヶ月のみプラザグループでこの濃厚な花見かきを出して行きます。
1239933420.jpg4月15日黒豆の野村さんから電話があり「かたくりの花」この天候で一気に咲き始めたので行って見ませんか、この話は昨年から野村さんに捜して頂いたものだ。 
16時半頃待ち合わせをして広瀬落合の菊池芳雄さん宅まで行って来た。自宅前の斜面一面に咲いた「かたくりの花」の群生だ。これは見事だ。 
最近は保険会社の人がこの「かたくりの花」を見つけこの時期に結構見に来る人達が多いとも言っていた。昔はこのかたくりの花の葉を茹でて、膨らませ風船にして遊んだものだとか、そんなかたくりの花は太陽の光が当たらない斜面でしか自生しないらい。 
菊池さんにお願いして何とか購入する事にした。これから季節限定だが吸椀に「かたくりの花」が入っていますので楽しみにして下さい。
1239352507.jpg4月7日食育講座をホテルニュー江刺「Ease」で40名の方々の参加で開催した。三宅料理長の献立の説明の後、ランチと言う時間帯もあり即料理を楽しんでもらおうと考えて、食べながら生産者にお話しをして頂いた。 
原体ファーム及川烈さん、餅米は手間暇をかけ自然乾燥だからこそ、この味がでる。菊地農場、菊池隆一さんはイーハトーブ卵の甘味と風味そして安心安全の卵作りをしている事、江刺産丹波黒豆の生産者、野村博久さん何年もかかりようやくこの江刺で本場の丹波の黒豆に引けを取らない商品が出来た事。最後は野菜ソムリエの千葉ちえさん、旬の野菜は体が必要な栄養がたっぷり含まれている、旬とは沢山取れ一番美味しく財布にも優しいですと言っていた。 
皆さんに大変美味しい次回も是非参加したいと大好評で終えることができた 
有難う御座いました。
1239238198.jpg今日は珍しいお客様がプラザイン水沢にお見えになった。 
盛岡グランドホテル総料理長の米和直文さんだ。ロビーでお会いした時とても料理人には見えない、どこかの社長?と思おう位落ち着きと風格がありさすがだな~「俺とは全然違う」 
お話しをして見ると今まで何度もお会いしている古くからの友人みたいな感じで、調理から食材にいたるまで色んな話し合いが出来とても良かった。 
米和さんの料理に対する厳しさと心構えをしっかり受け止めました。 
地産地消でも情報交換しながら頑張っている生産者を応援していこうと言う話しにもなりこれから米和さんお抱えの生産者の訪問も考えて行きます。 

このアーカイブについて

このページには、2009年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年3月です。

次のアーカイブは2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01