黒ワラビと山アスパラ「和賀郡西和賀町」

| | コメント(0)
1243477020.jpg山菜の宝庫である、和賀郡西和賀町に行って来た。西和賀に着いたのは10時頃早速山菜の栽培している農家を回らせて頂いた。
その中でも和賀町で山菜の先駆者である小田島薫さん宅に伺った時、自宅の裏からもう山菜だ「シドケ、ミズ、ウルイ、コシアブラ、ワラビ、アイコ、ゼンマイ、ワサビ、行者ニンニク」と、その中でも山アスパラ、学名「オオナルコユリ」の美味さには驚きだ、おい、今まで何故隠れていたの?と問いたくなりたい程だ。
風味から味にそしてその姿まで凛とした気品を感じる。また今のこの時期にしか食べられない品である、即購入したいとお話しをした。そして黒ワラビこれまた素晴らしい、通常のワラビと全くと言っていいほど太さと味が違う、その場で食べさせて頂いたが甘味と粘りが今まで食べたワラビの中では最高級のワラビと感じた。早速購入しプラザグループで提供しますので是非この感動を皆さんに伝えたい。

コメントする

このブログ記事について

このページは、easeが2009年5月28日 11:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山ウド「一関市厳美町」」です。

次のブログ記事は「食育ランチ「北上きくすい」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01