2009年6月アーカイブ

1245660744.jpg6月19日に南いわて食クラネット総会及び交流会が県南公益振興局の主催でプラザイン水沢の会場で開催された。
会員の研究会の活動状況をグループ事に発表、会員の方々それぞれ今以上の自社の商品を知って頂ける仕組み作りから環境整備まで様々な取り組みのお話しをしている。その後参加会員のプレゼンテーションがあった。プラザ企画からは相沢センター長にお話をして頂いた。そのときの挨拶を紹介します。
「キッチンセンターは、昨年8月1日にオープンしてもうすぐ1年になります。
当センターで加工している商品はプラザグループのホテルレストランに出荷しております。
グループの料理は全て手作りと地産地消にこだわり高品質な料理をお客様に提供すべく日夜頑張っています。振興局の方々の紹介で珍しい食材そしてこだわりの食材など紹介させていただいていますが、何より生産者と直接お会いしお話しを聞くことが出来とても素晴らしい経験をさせていただいています。
これからも沢山の出会いを楽しみにしています。
1245315273.jpg今日は久しぶりに前沢の鈴木正郎さんに会いに行って来た。
鈴木さん宅に行くと奥さんがハウスの中にいて、今日は暖かいからとハウスのビニールを開け風通しが良いようにと走り回っていた。間もなくすると鈴木さんがレタス、大根、キャベツを軽トラックの乗せ来た。
「どうも久しぶりです」「久しぶりですね」と満面の笑顔で迎えてくれた。
鈴木さんは親父の代からニラを生産し続けて90年この前沢ではニラの神様かもしれない?ニラの品種は色々あるそうだが鈴木さんは「大連」と言う品種だそうだ。ニラは早春か、秋10月頃が一番美味しいよそれとニラの一番美味しい所は白い茎の所さ、皆さん意外に包丁で先を切るけど白い茎の所は甘くて美味しいのにねと言っていた。

姫竹「八幡平」

| | コメント(0)
1244796733.jpg今八幡平の竹の子がプラザグループの調理場で様々な料理になっている。
八幡平の竹の子の特徴はブナ林の腐葉土に隠れ頭だけ出しているらしく竹の子が太く柔らかいのが特徴だ。
私も小さい頃、親父と一緒に栗駒山で竹の子取りに行った思い出があるが、竹やぶの中に入りグルグル回っている内に方向音痴になり迷った事があった。車のクラクションが遠くで聞こえ反対方向に歩いていたのだ、そのまま歩いていたらと思うとぞっとする。袋一杯に竹の子を取り自慢げに親父に見せたが、当たり前の顔をされガッカリしたものだ。
1244535965.jpg北上のさくら野百貨店で今日6/9~6/15の一週間「きくすい」の地産地消にこだわった料理を岩手うまいもの市で販売している。
(1)太巻き寿司 
「白百合ポークのヒレカツ、玉子焼、味付けした西和賀産蕨」
(2)骨付きポークハンバーグ
 「白百合ポーク」
(3)米粉ロール
「北上口内の米粉とトマトジャムを使用」
(4)きくすい弁当
「千葉料理長作品」
(5)玉子焼
「菊地農場のこだわり卵」
実演コーナーで千葉料理長自ら卵焼きをしているので是非15日まで「さくら野百貨店」の「きくすい」まで遊びに来て下さい。
1243829291.jpg5月28日北上きくすいにて西和賀産の山菜をメインした食育ランチが行われた。30人もの参加者に来て頂き、北上きくすい料理長の千葉が全く新しい山菜料理にチャレンジした。
先ず、最初に籠いっぱいの摘菜達と言う籠盛りで「ミズ、アイコ、ゼンマイ、山ウド、葉ワサビ、ボウナ、サク、行者ニンニク、シドケ」等、様々な料理の仕方で提供、その中でも山アスパラの双身揚と水菓子のワラビの葛寄せが皆さんの特に好評だった。今回は和賀産業公社の廣瀬さんに簡単な山菜の説明をして頂いた。次回はプラザイン水沢で行いますので是非参加して下さい。

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01