2009年10月アーカイブ

1256890704.jpg先日プラザイン水沢にてJAふる里主催のJAわくわく味めぐりが開催され、JA販売課の菅原さんとこの奥州地区を周り色んな生産者との出会い、そして食材に廻りあい、ほぼ奥州の食材で料理を作らせて頂いた。 
ただ残念だったのはJAの菅原さんが風邪をひき当日参加出来なかった事かな、180名の方が参加され生産者の声を直接皆さんに伝えようと取材したビデオを流した。
結構皆さんに見て頂きそしてこの奥州地区の食材の豊富さを披露できた事も大変良かったと思う。料理の評判も良く来年は300名近くまで集客しこの奥州地区の食材をもっともっと知らせて行きたい。
1256543384.jpg昨年プラザの厨房で田んぼアートで作付けされた古代米の使った、古代米プリンとアイスを作り好評だった。先日、田んぼアート実行委員の会長である「森岡誠」さんから10/25日に刈り取りすると聞き当日佐倉河の田んぼアートの現場に行って来た。
多くの人達が刈り取り最中で副会長の「熊谷太一」さんからこの田んぼアートには何種類のお米を使っているか聞いた、6種類を使い30アールの水田に「ドラえもん」「鹿踊り」の絵を完成させ多くの見学者が訪れたと言っていた。今年もこの古代米を使用しプリンとアイスを作りますのでお楽しみに。
1256013346.jpg衣川の北股で稲作と牛を放牧し子牛売りながら生計を立てている、代表の高橋奉美さん他17戸の集落がある。そこの山林でハタケシメジを栽培していると聞き振興局農林部、畜産課、課長小向正信さんと一緒に行って来た。
殆んどがナラの木だ、ナラ林の中から空を見上げると太陽の光がキラキラと差し込んで来る。漫画の昔話に出て来そうな光景がここにあった。
この地方の活性化の為に、そしてこの地の特産にしようと昨年から始めたらしい、山林の一角にそのハタケシメジがあり灰色で山の栄養をたっぷり吸った茸、俺の感情として味も見ないで即購入したかったが、それでは丹精込めた人達に失礼にあたる、先ずは厨房に持ち帰り食べて見た。味と香りとそして歯ごたえが良く又出汁が素晴らしい、購入決定。
1255749662.jpg今まで岩手の色んな各地を回って頑張っている生産者とお会いし、それこそ土壌を変え肥料を変え水にこだわり天候を見つめ野菜と語りながた農業をしている人達がいる。朝から晩まで一生懸命働いている姿を見ていて、そこまでこだわっていたのかと感動することもしばしばあった。そんな素晴らしい生産者とお会いして色んなお話しをさせて頂いた。
この「JAわくわく味めぐり」はそんな人達の食材を使ったドラマである。

マコモダケ「柏山文子」
昨年胆沢町の柏山さんのマコモダケは全て購入させて頂いた大変美味しいマコモダケである。栗と柿の味がするフルーティーな味だ。多分今まで食べたマコモで一番美味しい。柏山さんは草取りが大変で収穫ぎりぎりまで水を張っているので何処でも出来るわけではないし植える時の作業も大変苦労したらしい。そんな素晴らしいマコモダケを是非「JAわくわく味めぐり」で食べさせたい1品である。
1255749533.jpg今まで岩手の色んな各地を回って頑張っている生産者とお会いし、それこそ土壌を変え肥料を変え水にこだわり天候を見つめ野菜と語りながた農業をしている人達がいる。朝から晩まで一生懸命働いている姿を見ていて、そこまでこだわっていたのかと感動することもしばしばあった。そんな素晴らしい生産者とお会いして色んなお話しをさせて頂いた。
この「JAわくわく味めぐり」はそんな人達の食材を使ったドラマである。

プチベール「千田市美さん」
昨年採りたてのプチベールをJAふるさとの菅原さんが食べて見てと厨房に持って来た。食べてみて凄く甘いのでビックリした記憶がある。千田さんのプチベールのハウスの中は俺の背丈にもあるかと思う位の大きさだ、収穫は10月中旬寒さが来ないとあの甘さにならないらしい、またこのプチベールの葉がなんとも大きく栄養価が高く是非「JAわくわく味めぐり」には食前酒としても出してみたいと思っている。
1255749341.jpg今まで岩手の色んな各地を回って頑張っている生産者とお会いし、それこそ土壌を変え肥料を変え水にこだわり天候を見つめ野菜と語りながた農業をしている人達がいる。朝から晩まで一生懸命働いている姿を見ていて、そこまでこだわっていたのかと感動することもしばしばあった。そんな素晴らしい生産者とお会いして色んなお話しをさせて頂いた。
この「JAわくわく味めぐり」はそんな人達の食材を使ったドラマである。

ひとめぼれ「福田正一さん」
水沢でも特に美味しい米が取れる土地、胆沢町の福田さんはなんと40ha.もの稲作農家だ、美味しい米の香り、風味を保つ為低温乾燥に徹して十数時間かけるらしい、美味しいとの評判で全国的に有名なファーストフードに契約栽培していた、その美味しいこだわり新米が食べられる「JAわくわく味めぐり」に
是非来て下さい。
1255749245.jpg今まで岩手の色んな各地を回って頑張っている生産者とお会いし、それこそ土壌を変え肥料を変え水にこだわり天候を見つめ野菜と語りながた農業をしている人達がいる。朝から晩まで一生懸命働いている姿を見ていて、そこまでこだわっていたのかと感動することもしばしばあった。そんな素晴らしい生産者とお会いして色んなお話しをさせて頂いた。
この「JAわくわく味めぐり」はそんな人達の食材を使ったドラマである。

奥州牛「高橋久典さん」
前沢牛は日本でも確立させたブランド品だが、この奥州牛は4等級以上の牛で前沢牛とそんな違いは無い、奥州牛の特徴は脂の質がサッパリして柔らかで食べたらその美味さが分かります。毎日休まず世話をしながら愛情込めた奥州牛を是非この「JAわくわく味めぐり」で皆さんに食べて頂きたい。
1255400624.jpg10月1日ホテルニュー江刺新館イーズで、「食育ランチ江刺」~秋の味~を開催致しました。
今回も30名近くの方に御参加頂きました。
三宅料理長からメニュー説明があり、皆さんどんなお料理が出てくるのか興味津々の表情。
次々に運ばれるお料理を目で楽しみ、味わう皆さんの幸せそうな顔、顔。
江刺りんご「紅果園」髙野卓郎さんは、御自分が生産されたりんごを手に、りんごへのロマンを語ってくれました。ふじよりも美味しい品種もあるそうです。
陸前高田「きのこのSATO販売」佐藤博文さんは7年前からきのこ栽培を始めた方。
初めて見る生木耳(なまきくらげ)が大きくて肉厚でびっくり。
早速どこで手にはいるかしっかり皆さんリサーチしていました。
野菜ソムリエの千葉ちえさんが「旬」とは沢山採れて美味しい時期とお話されました。
これから新米、りんご、きのこ等々秋の食材が沢山出てきます。
ホテルニュー江刺では今回の食育ランチを始め、旬の食材を使ったお料理を御用意して皆様の御来館をお待ちしております。
次回の開催を希望される声も多く、「地産地消」「旬の味」皆さんの関心が高いことが伺えました。
スタッフ一同御礼申し上げます。
ホテルニュー江刺 今井 由美子
1254384659.jpg相沢センター長の取材です。
9月24日にキクラゲの生産者でもある陸前高田「きのこSATO」の佐藤博文さんの所に行って来ました。
実は今回お邪魔したのは、キクラゲの他にまだ美味しいキノコを栽培しているとの事なのです。現地に着き挨拶そこそこにハウスの中を見せてもらう事に、そこに見えてきたのは薄灰色のかさ、それに太い軸、なんとそのキノコは、ハタケシメジでした。
早速、佐藤さんのお話を聞くことに、3年前ハタケシメジのハウス栽培を始めたのは佐藤さん最初との事、それに菌生に保水性のある土を使用するのも特徴のひとつ、この土を使うと香りが良いそうです。初めて聞くことばかり、それに最大の特徴は、歯ざわり良く味も香りも松茸に匹敵するとの事、少し分けてもらい食べて見た。歯ざわりと風味そして味最高です。

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01