2010年3月アーカイブ

1270025800.jpg先日衣川で岩魚を養殖している人がいると聞きJA岩手ふるさとの菅原さんの紹介で衣川の岩魚の養殖場に行って来た。
経営しているのは佐藤教幸さん、当日は林業の仕事をしている為会えませんでしたが岩魚養殖場は見ることが出来た。
思っていた以上に大きくなんと20万匹もいると言っていた。
あの幻の岩魚と言われる位、いま余り天然で見ることが少なくなって来た魚だ。
子供の頃は良く近くの川に行き魚取りをしたものだが、魚と言えば何と言っても岩魚とカジカだ、子供の頃は夢中になり川に潜りヤスで突き秋には山奥の小川で枯葉の下にいる岩魚を手ですくい取ったものだ。今こうして岩魚の養殖場を見ているとそんな懐かしい幼い頃の事を思い出してくる。帰りに冷凍した岩魚を頂いてきた。
1269591662.jpg昨年からプラザグループのキッチンセンターでレトルト食品を売り出そうと思い様々なレトルト食品を試作し試食を重ねて来た。
先月から盛岡駅の「ジャスター」ホテルニュー江刺とプラザイン水沢の各レストランフロントで販売している。「炊込御飯の素」に始まり「奥州胆沢の地養豚・ポーク丼の具」「奥州前沢・黒毛和牛ビーフカレー」「北上相去・白ゆりポーク・豚角煮」「西和賀・みずのこぶ芥子漬」等専門の業者が作成したレトルト食品ではありません。我がキッチンセンターの料理担当は45年以上厨房で働いた、つわもの達です。自慢のレトルト食品を是非食べて見て下さい。

大船渡魚市場

| | コメント(0)
1269589828.jpg今年雪が無くなってから是非大船渡魚市場に行こうと思っていて、そろそろ、その時が来たと思い「きのこのSATO」電話した。「いいよ」と気持ちの良い返事が来た。ヨシ行こうと思い、朝4時半に水沢を出発、6時頃大船渡の盛駅前に待ち合わせをした間もなく佐藤さんと大船渡振興局の遠藤敬さんが来た。簡単な挨拶をし即魚市場を案内して頂いた。
平目、鱈、相並女、蛸、帆立、鰈、保夜等が並んでいる。セリが始まるとその魚が入った篭の前でセリを始めている。お~魚市場事でセリの仕方が違うんだ。
違う所で定位網の魚が入ったと聞いて行って見た。今日は殆んど鱒のみだったが今が旬の鱒だけあってセリの気合いが違う。今はまだ定置網の船が少ないらしい4月か5月頃には沢山の船が出るらしいので再度5月頃またこの大船渡魚市場に来て。鮮度の良い魚を購入したいと思っている。
1268457754.jpg八幡平下平笠でアスパラを生産している伊藤さんに会いに行って来た。
初めてお会いしたが、随分前から知り合いのようなそんな親しみ安い感じの人でした。
ハウス内を見ると、そろそろ終盤にも関わらず針の山のように何千本もアスパラが見える。
「凄いな~」お話しを聞くと夏は畑で沢山の養分を吸収させ秋にハウスに移す、ベット(床)に植え替えをする、12月~2月頃までが収穫時期、肥料も農薬もこの時期は一切使用せず温度管理でだけと言っていた。八幡平は素晴らしい食材の宝庫であると思った。

このアーカイブについて

このページには、2010年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年2月です。

次のアーカイブは2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01