西和賀山菜の夕べ

| | コメント(0)
314.jpg西和賀産業公社統括部長の藤原さんから、是非専務に山菜料理をプロデュースしてくれないと依頼があった。西和賀の山菜は絶品の一言だが、地元の人は昔から食べなれているせいかその素晴らしを伝えきれないと言う、その為にも今回の山菜の夕べが開催されたのである。メニュー決めそして試食と短い期間ではあったが5月31日その日を迎えた。手間の掛かるものは前日に仕込みそれ以外は当日公社調理担当スタッフの皆さん一緒に仕込んだが、今回が初めてスタッフと仕事をしたような気が一切感じない程スムーズに進み、開会し流れるようにそして息つく暇もなく終わった。お客様の評判は上々で皆さん喜んで下さったようだ。しかしそれにも増してスタッフ全員に、達成感が満ち溢れ輝いていた。これからも多くの人に「ここの山菜」の良さを伝えてほしいものだ。 皆さん本当にお疲れ様でした!!

コメントする

このブログ記事について

このページは、easeが2013年6月 3日 12:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「花見牡蠣の便り」です。

次のブログ記事は「奥中山高原レタス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01