2013年8月アーカイブ

白山の野菜

| | コメント(0)
322.jpg前沢白山に色々な野菜を作っている生産者がいると情報が入りさっそく行って来た。約束した時間に伺うと、私達を笑顔で迎えてくれたのが佐藤安正さんだ。話を伺いながら畑に行くと、ブラックベリーが沢山の実を鈴なりにつけているのが目に飛び込んで来た。ブラックベリーを初めてまだ一年目だそうだがかなりの量である。その他にもオクラや2種類の瓜(メロン)、スイカ、ハーブなどをハウス栽培している。ハウス栽培によって虫や雨によるストレスを与えないようにしているそうである。路地栽培している珍しい野菜では、刀豆やひも茄子などを栽培している。この茄子は、細長くてくねくね曲がっているのが特徴で、油で揚げても色落ちせず鮮やかで料理の彩にも良いと言う。自宅に戻ると佐藤さんの奥さんが、冷たくひやした瓜を出してくれた。甘みもありジューシー、それでいて程良い歯ごたえである。小粒な瓜なので、器としても使えそうなのが良いなどと考えながら帰路へ。

321.jpg江刺のアグリコーポ小田代さんに御邪魔して来ました。今回は、8/29に開催される「江刺を食べよう!」の打合せ兼取材である。打合せ後、今収穫時期にあるトマトハウスに案内してもらい話を聞くとトマトの品種は、桃太郎ファイトで12棟のハウスで3500株ほど栽培して、それを暑い中3人で管理しているそうです。伺った時も午前中にもかかわらず、炎天下の中ハウスの作業は「過酷」そのものといった感じで、私も中に一歩足を踏み入れただけで、汗が噴き出てきた程である、御疲れ様です。それからもう一つアグリさんといえば忘れてはいけない物に葡萄がある。葡萄の種類は2つで、アーリースチューベンとキャンベル合せ20棟あり、今年は長雨と日照不足の影響で多少遅れ気味のようであるが、甘みは上々だそうです。その他の食材とともに、頂いてさっそく試作をしてみる事に。

320.jpg赤い実のカシスを求めて一関市舞川にあるマイリバーに行って来た。マイリバーの加藤健治さんと佐々木久美子さんが色々と話をしてくれたが、残念な事に赤い色のカシスは無いと言う。ほとんどが深い藍色のカシスで、なんとその数2200本。そのままでも販売しているそうですが、ジャムやドリンクなども製造販売している。もう収穫は終わったと言うが、取り残しがあるかもしれないと言う事で、カシス畑に案内して頂いた。佐々木さんが良い場所を探していると「ありました!!赤いカシスが」、その声がする方に行くと、中ぐらいの枝ぶりが2株ほど、そこには真っ赤なカシスとグリーンに葉が鮮やかである。これならどんな料理にも映えること間違いない。本数を増やしてくれると言うので心待ちにして帰路に。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01